トリミング

4月 19, 2017 under momoko(Sekiguchi)

かーなーりー前のインスタの写真。

 

「冬のバス停」さんの髪はセキグチ中国製ヘッドで使用されているハリのある髪質で、

ハリがあるおかげで後頭部から襟足にむかって自然になじむラインや頬をつつむ丸いシルエットの髪型が素敵。

 

ですが、初期状態ではセットしきれていない髪が流れに逆らってピョンピョンはみ出してたり膨らんでたりが多くて、

パッケージに入ってる時は白いコートのフードをかぶってるので前髪くらいしか見えてないので実物見て買っても

開けてみたら結構髪が荒ぶっていた…っていうのもそれなりにあったようです。

 

で、うちのバス停さんもお迎え時点だと割と豪快にピョンピョン出てたので(´Д`)アーって長年そっとしまっていたのを

櫛で梳かして髪の流れになじんでない髪を1本ずつ眉毛切りバサミですくってはカット…を数時間もくもくと続けて

飛び出る髪を全部カットし終えて、

 

わーヽ(^。^)ノものすごっく艶々の滑らかな少し前下がり気味のボブになった!

お湯パなし、オイルミストやウィッグスプレーも使わずこの光沢と滑らかさヽ(^。^)ノ

 

って達成感に浸っていた時の写真。

 

「冬のバス停」さんは2008年発売ですけど、なんとなく、2003-2004年頃の昔のペットワークスmomoko的な

シンプルな彩色と髪型が素直で初々しい魅力になってて可愛いですねー(^∇^)。

 

だがしかし。そのピュアな魅力を生かせるような写真の腕も感性も足りないので…スミマセンスミマセン(´Д`)

とうちのmomokoには謝って他のかたのお写真で可愛いバス停さんを見るのが大好きです。

comments: Closed

Comments are closed.